タクシーにデジタコは義務化されている?導入するメリットや選び方

公開日:2023/06/15  最終更新日:2023/11/29

デジタルタコグラフ タクシー

タクシーの運転手は、1台につきひとりの運転手であるため、自己管理が難しいとされていました。しかし現在、自己管理が難しいタクシードライバーのためにデジタコを導入されている会社も多くなってきています。本記事では、タクシーにデジタコ装着を導入するメリットを紹介しますのでぜひ、参考にしてください。

安心・安全運転も実現!業界最安値レベルながら高品質なデジタコ

法人タクシーでは義務化されている場合がある

現在、法人タクシーでは大都市の営業に対してデジタコが義務化されています。大まかにいえば、東京都、大阪府、京都市などの大都市がデジタコの義務化されている範囲です。ただし、ニュースでたびたび流される事故のニュースから対象外エリアであってもデジタコを付けることで将来的な不安が解消されるでしょう。大都市のタクシーでなくても、個人タクシーに装着することも可能です。

また、大きなトラックもデジタコの装着が義務化されています。義務化された背景には、法律上乗務員の記録を1年間保存しなくてはいけないと定められたから。悲惨な事故を減らすためにも、安全運転ができるようデジタコの導入が進む企業も増えてきているのです。

タクシーがデジタコを装着するメリット

デジタコの導入を考えているけど、費用が高いのではないかと装着を迷う方もいるでしょう。しかし、タクシーにデジタコを装着するメリットは多くあります。初期投資は掛かりますが、長い目で見ればデジタコの装着は安心材料になるでしょう。タクシーがデジタコを装着するメリットを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

ドライバーの運転意識が向上する

タクシーにデジタコを導入すると、速度状況や急ブレーキの回数などを記録してくれます。記録を通じて、ドライバーの性格や日常的な運転方法を客観的に観測できるでしょう。また、日ごろから安全運転を心がけている運転手をピックアップでき、人材評価につなげる材料になります

事故が発生した場合の原因を究明できる

多くの人を乗せるタクシーには、思わぬ事故が発生する場合もあるでしょう。事故が発生しても、冷静に原因究明ができるメリットがあります。場合によっては、裁判にかけられる事例もあるため、デジタコさえ装着していれば安心です。事故の原因を究明できるため、事故への防止策につながります。

運行データの解析・管理が簡単になる

デジタコに保存されているデータは、システムへ移行することが可能です。中には、クラウドシステムと連携できるタイプもありリアルタイムでデータを保存できます

デジタコでのデータ改ざんはできない

現在、デジタコはGPSを搭載されているものが主流であるためデータの改ざんができないようになっています。過去に主流であった、アナタコであればチャート紙や針を曲げたりすることで遅いスピードで走っていたように改ざんができました。改ざんできないということは、一人ひとりが会社や社会のルールを守り安全に走行できるでしょう。

タクシーにピッタリのデジタコの選び方

デジタコといっても、種類も幅広くあります。初めてデジタコを装着する人は、何がよいのか迷うでしょう。こちらでは、タクシーにピッタリのデジタコの選び方を紹介します。

機能性

安いデジタコは壊れやすく、機能が乏しいことがほとんどです。もし、はじめてデジタコを装着する場合は、ドライブレコーダーとデジタコが一体になってものをおすすめします。初期投資は高くつきますが、別々で購入するよりも安くなるのが現実です。

また、働き方改革で労務管理を行い、従業員の健康管理の強化も進めていかなければなりません。解析ソフトに労務管理機能が搭載されているタイプがおすすめです。

価格

現在、デジタコメーカーは20社程度あり機能もそれぞれ違います。ただし、安いものは機能が少なく分析できる情報も少ないのが現状です。また、高価なものは情報量が多く解析ソフトも充実しています。機能としては、温度管理やアルコールチェッカーETC関連などのオプションが搭載されていると金額もアップするでしょう。大手メーカーの製品であれば、助成が出る場合もあるため、上手く活用して機能性の高いデジタコを総チェックしてください。

販売店を選ぶ

デジタコの販売店は数多く存在し、選ぶのも時間が掛かります。失敗しないためには、何店か見積もりでお店に出向き、きちんとヒアリングを行い、自分が望む提案してくれるかどうかです。実際には、事故や故障で載せ替えを依頼しても来てくれない業者も存在します。しっかりと予算内で求めているものを提案してくれる業者がおすすめです。

導入時には、ドライバーや管理者のために説明会を開催している企業もあります。購入や取り付けだけではなく、長くサポートしてくれる販売店を選びましょう

 

安心・安全運転も実現!業界最安値レベルながら高品質なデジタコ

本記事では、タクシーへデジタコを装着するメリットや選び方などを紹介しました。安全運転を心がけていても、事故が起きる可能性はゼロではありません。また、健康であっても急に体調不良となる場合もあるでしょう。そんなときにデジタコがあると、さまざまな場面で活躍でき将来的な安心材料にもなります。今回ご紹介した内容を参考にして、タクシーに装着するデジタコを選んでみてください。

おすすめのデジタルタコグラフランキング

1OCTLINK(オクトリンク)「CENTLESS株式会社」の画像2デジタルタコグラフ「矢崎エナジーシステム株式会社」の画像3富士通デジタコ「株式会社トランストロン」の画像4ロジこんぱす「株式会社システック」の画像5e-Tacho®(イータコ)「株式会社NPシステム開発」の画像
名前
OCTLINK(オクトリンク)「CENTLESS株式会社」
名前
デジタルタコグラフ「矢崎エナジーシステム株式会社」
名前
富士通デジタコ「株式会社トランストロン」
名前
ロジこんぱす「株式会社システック」
名前
e-Tacho®(イータコ)「株式会社NPシステム開発」
ポイント
安心・安全運転も実現!業界最安値レベルながら高品質なデジタコ
ポイント
運行管理にかかる負担を軽減!豊富な製品ラインナップを用意
ポイント
導入台数実績は20万台以上!多彩なオプション機能が実現するさらなる効率化
ポイント
各社に合わせたカスタマイズもOK!誰もが使いやすいデジタコを追求
ポイント
導入実績は5,000社以上!高性能のデジタコが叶える健やかな職場環境
公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
 

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

デジタルタコグラフは、トラック、バス、タクシーなどの乗り物に装着された運転記録計で、運転時間、休憩時間、速度などを記録できる革命的なテクノロジーです。本記事では、デジタルタコグラフの必要性と
続きを読む
デジタルタコグラフは、現代の運転業界において急速に普及しています。デジタルタコグラフの義務化にはさまざまな課題がありますが、義務化による利点もまた多岐にわたります。今後、デジタルタコグラフの
続きを読む
トラックやタクシーなどの商用車に「デジタコ搭載車」「デジタコ搭載車のため、法定速度で運転中」といったステッカーが貼られているのを見たことがある方もいるでしょう。しかし「そもそもデジタコって何
続きを読む
デジタルタコグラフ関連コラム