デジタコは事故防止に効果あり?その理由と事故防止のポイントを解説

公開日:2023/07/15  最終更新日:2023/11/29

デジタルタコグラフ 事故防止

トラック、バスなどの車両は、これまでアナログ式タコグラフを装着していましたが、昨今ではデジタコ(デジタルタコグラフ)が主流となっています。デジタコの導入や買い替えを考えている管理者の方も多いのではないでしょうか。今回は、事故防止のポイントとデジタコが事故防止に効果がある理由をご紹介します。

安心・安全運転も実現!業界最安値レベルながら高品質なデジタコ

度重なる長距離トラック・バスの事故

長距離トラックやバスの事故をニュースなどで目にすることがあります。どのような背景が考えられるのでしょうか。

事故が起こるのか

車間距離を充分にとることや法定速度を守るのは当然ですが、長年の積み重ねたドライバーの慣れや過信が事故になることがあります。少し速度を上げても大丈夫だった、一旦停止を少し止まっただけでも大丈夫だったという体験が残り、慣れや過信の原因になるのです。また、新人ドライバーでは経験不足からの判断ミスや操作ミスがあります。

運行管理

トラック、バスの長距離運行で長時間労働になっている場合があります。また、インターネットによる通信販売の普及によって人手不足が起こり、ドライバーがハードワークになるケースも考えられるでしょう。企業としては労働状況の改善が重要です。

長距離トラック・バス事故防止のポイント

事故を防止するためには、どのような取り組みをすればいいのしょうか?事故防止につながるポイントをご紹介します。

デジタコ導入

事故防止の企業の取り組みの中でデジタコ導入は有効です。アナログ式タコグラフは速度や時間、距離を紙に記録し、内容から管理者が分析して読み取りが必要になります。デジタコはそのほかにも急加速、急減速の記録が可能です。

また、アイドリング、ドアの開閉情報も取得できます。デジタコでは、挿入したメモリーカードの記録を読み取ることで解析して法定速度や休憩時間が守られているか簡単に知ることができるのです。事前に解析ソフトの導入やシステムを構築すれば、だれが見てもわかる数値やグラフで記録内容が表示できます。ドライバーの安全運転を促すことにデジタコ導入はつながるでしょう。

情報共有

ドライブレコーダーやデジタコにドライブレコーダーが連携されているものもあるので、映像を使って安全運転の向上につなげることが可能です。ドライバーの自分は事故を起こさないという過信の気持ちを変えるためには、ドライバーの性格や管理者と信頼関係などから映像の力を必要とするときもあります。

管理者とドライバーが一緒にドライバー本人が運転している映像を見て事故の危険に気づき、安全運転の向上の意識が高まるでしょう。

ドライバーの運転の仕方

ドライバーによって運転の仕方は違います。日ごろどのような道を走っているのか知ることも必要です。デジタコの記録やドライブレコーダーの映像で、危険な運転や走行している道がわかるでしょう。管理者による点検が定期的に行われているのをドライバーが意識することで、危険運転の抑制効果も続きます

事故防止にデジタコがおすすめの理由

デジタコを導入することで安全運転の意識向上にもなり、業務の効率化にもなります。事故防止の観点から企業にとっても、ドライバーにとってもおすすめです。

安全運転の意識向上

デジタコと連動した運行管理システムの中には、安全運転を促すための機能がついた製品があります。速度超過するとアラーム警告がなる機能やGPSによる位置情報からリアルタイムで警告を出す機能などさまざまです。

また、ETCと連携することでエンジン回転数や速度の制限も行える機能もあるので、安全運転の意識が向上し、運転に対しても改善されるでしょう

業務効率化

デジタコを導入することで不要なアイドリングやアクセル操作も減り、燃料費が抑えられことにもつながるでしょう。また、ドライバーの位置情報がわかることで急な業務が入っても、近くにいるドライバーに依頼が可能になります。走行距離も減り、業務の効率に役立てられるのです。その他にも業務日報自動作成の製品もあります。ドライバーの業務の軽減などにも結びつき、日報の精度が上がるでしょう。

コスト削減

事故が少なくなることで自動車の保険料が安くなりことも予想され、コスト削減にもつながります。また、GPSによる位置情報で目的地までの道のりを迷うことが減るのです。ドライバーが時間制限からの焦りが少なくなるでしょう。エコドライブにもなります。

 

安心・安全運転も実現!業界最安値レベルながら高品質なデジタコ

ここまで、長距離トラック・バス事故防止のポイントとデジタコがおすすめの理由を紹介しました。最近では、クラウド式のモデルが増えてきています。メモリーカードの出し入れがなくなり、リアルタイムで情報がわかるなどがクラウド式の特徴です。さらにドライブレコーダーと連携できるものなどさまざま機能で事故防止につながります。デジタコの機能や記録でドライバーの安全運転の意識が改善され、事故防止に効果があるといえるでしょう。業務の効率やコスト削減にもなりますが、デジタコ導入にあたっては、業務内容や金額、デジタコを効果的に運用するためのサポート、アフターケアなど考慮した検討が必要になります。

おすすめのデジタルタコグラフランキング

1OCTLINK(オクトリンク)「CENTLESS株式会社」の画像2デジタルタコグラフ「矢崎エナジーシステム株式会社」の画像3富士通デジタコ「株式会社トランストロン」の画像4ロジこんぱす「株式会社システック」の画像5e-Tacho®(イータコ)「株式会社NPシステム開発」の画像
名前
OCTLINK(オクトリンク)「CENTLESS株式会社」
名前
デジタルタコグラフ「矢崎エナジーシステム株式会社」
名前
富士通デジタコ「株式会社トランストロン」
名前
ロジこんぱす「株式会社システック」
名前
e-Tacho®(イータコ)「株式会社NPシステム開発」
ポイント
安心・安全運転も実現!業界最安値レベルながら高品質なデジタコ
ポイント
運行管理にかかる負担を軽減!豊富な製品ラインナップを用意
ポイント
導入台数実績は20万台以上!多彩なオプション機能が実現するさらなる効率化
ポイント
各社に合わせたカスタマイズもOK!誰もが使いやすいデジタコを追求
ポイント
導入実績は5,000社以上!高性能のデジタコが叶える健やかな職場環境
公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
 

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

2024年4月から、自動車運転業務について時間外労働の上限規制が定められ、拘束時間や休息時間・連続運転時間などの基準も変更となります。 この記事では、2024年4月から変わるドライバーの労働
続きを読む
運送業界では、長時間労働が問題視されることがあります。ドライバーのな労働実態について、理解しておかなくてはいけません。この記事では、ドライバーの実態や運動業界の厳しい現状を改善する方法を紹介
続きを読む
デジタルタコグラフの導入には、多くの企業が興味をもっていますが、費用や導入の流れについて知識が必要です。記事では、デジタルタコグラフの導入費用について詳しく説明し、導入のステップやポイントに
続きを読む
デジタルタコグラフ関連コラム