デジタルタコグラフの導入は高い?費用や導入の流れを解説!

公開日:2024/03/15  最終更新日:2023/11/28

コスト

デジタルタコグラフの導入には、多くの企業が興味をもっていますが、費用や導入の流れについて知識が必要です。記事では、デジタルタコグラフの導入費用について詳しく説明し、導入のステップやポイントについても解説します。さらに、デジタルタコグラフの導入による具体的なメリットについても触れていきます。

デジタルタコグラフの導入費用

デジタルタコグラフは、道路交通法の規定にもとづいてトラックやバスなどの商用車両で義務化されている重要な装置です。デジタルタコグラフは、アナログタコグラフに比べて高性能で多機能な特長をもち、運行データを効率的に管理し、違反を防ぐために貴重なツールとなっています。

しかし、導入費用は幅広い範囲にわたり、多くの要因に左右されます。デジタルタコグラフの導入費用は、一般的にアナログタコグラフに比べて高い傾向があります。

アナログタコグラフの相場が数万円であるのに対し、デジタルタコグラフは5万円から30万円以上と高額です。高性能なデジタルタコグラフは、運行データの精度や機能の多様性を提供するため、高価になります。

また、車両台数が多い事務所や企業では、デジタルタコグラフの導入費用や維持費用がかさむケースも考えられます。複数の車両にデジタルタコグラフを導入する場合、その分の装置やソフトウェアの調達費用が増加します。

さらに、デジタルタコグラフはデータの運用に関連するコストなども考慮すべきです。デジタルタコグラフの導入費用は高額ですが、恩恵は安全性向上や運行効率化など多岐にわたります。

適切なデジタルタコグラフを選択し、導入プロセスを適切に管理すれば、将来のコスト削減と経営効率向上につながることでしょう。デジタルタコグラフの導入費用は企業の運用状況や目標に応じて変動し、慎重な計画と投資が必要です。

デジタルタコグラフの導入について検討する際には、専門家のアドバイスを受けることがおすすめです。

デジタルタコグラフの導入の流れ

デジタルタコグラフの導入は、商用車両運営において欠かせません。適切なデジタルタコグラフの選定とスムーズな導入で、法令遵守や効率的な運用を実現することが可能となります。以下に、デジタルタコグラフの導入の流れを詳しく解説します。

デジタルタコグラフの選定

デジタルタコグラフの導入プロセスは、まず適切な機種やメーカーの選定から始まります。選定の際には、法令に適合しているかどうかが最優先事項です。

また、機能や性能、価格なども考慮し、自社の運用ニーズに合致するデジタルタコグラフを選びましょう。

設置場所の決定

次に、デジタルタコグラフの設置場所を決定します。車両のタイプやサイズ、用途によって設置場所が異なり、場合によっては車両の改造が必要になることもあります。

適切な位置にデジタルタコグラフを設置することで、データの正確な収集が可能となります。

設置工事

設置場所が確定したら、デジタルタコグラフの設置工事を行います。工事には配線の取り付けや装置の固定などが含まれます。

設置工事は専門家によって行うことが一般的で、確実な取り付けが必要です。

教育

デジタルタコグラフの操作方法や運用方法について、運転手に十分な教育が行われます。運転手が正しく操作することで、正確なデータの記録をします。

教育プログラムを通じて、運転手がデジタルタコグラフを効果的に利用できるようになります。

運用

導入後、本運用が始まります。運用にはデータの収集、管理、保守などが含まれます。

デジタルタコグラフは運転データを記録し、法令遵守や効率的な運用をサポートします。データは定期的にアクセスできるように保管され、必要に応じて提出や確認が行われます。

デジタルタコグラフの導入によるメリット

デジタルタコグラフの導入は、商用車両運営に多くの利点をもたらす重要なステップです。以下に、デジタルタコグラフの導入によるメリットを詳しく解説します。

運行管理の効率化

デジタルタコグラフは運転時間、休憩時間、走行距離などの情報を自動的に記録し、運行管理の効率化に大いに貢献します。運行データの正確な収集とリアルタイムの可視化は、運行計画の最適化や問題の早期発見に役立ちます。

車両の稼働率や配送スケジュールを最適化し、コスト削減を実現できます。

運転者の負担軽減

デジタルタコグラフは運転時間や休憩時間を自動的に記録するため、運転者が手動で記録を続ける必要がありません。記録を自動化することにより、運転者の負担が軽減され、より安全で快適な運転環境が提供されます。

運転者は労働時間に関するストレスから解放され、業務に集中できるようになります。

法令遵守の支援

デジタルタコグラフは法令に適合しているかどうかを自動的にチェックする機能を持っています。法令遵守が強化され、法的なリスクが軽減されます。

また、記録は証拠として使用でき、規制当局の査察や調査に対して備えるのに役立ちます。

事故防止

デジタルタコグラフは運転時間や休憩時間、走行距離などの情報を自動的に記録するため、運転者の疲労度合いを把握し、事故防止に貢献します。疲労運転のリスクを低減し、安全運転環境を構築します。事故発生率の低下につながり、企業の評判と安全性を向上させます。

信頼性の向上

デジタルタコグラフはデータの改ざんや偽造を防ぐための機能を持っています。データの信頼性が向上することで、誤った情報にもとづいた意思決定や請求を防ぎます

信頼性のあるデータは、運行データの正確な記録と、信頼性の高い運行履歴の提供を保証します。

まとめ

デジタルタコグラフの導入費用は多様で、高性能なデジタルタコグラフほど高額です。とくに多台数の車両を運用する企業では維持費も検討する必要があるでしょう。

導入プロセスは慎重な計画と段階的なアプローチが必要で、デジタコの選定から設置、運用までをスムーズに進めることが重要です。そして、デジタルタコグラフの導入には多くのメリットがあります。

運行管理が効率化され、運転者の負担が軽減され、法令遵守が支援され、事故の防止に役立ち、データの信頼性が向上します。デジタルタコグラフの導入により、企業は安全性の向上と効率の向上を実現できます。

デジタルタコグラフの導入は、将来の成功に向けた投資として検討すべき重要なステップです。

おすすめのデジタルタコグラフランキング

1OCTLINK(オクトリンク)「CENTLESS株式会社」の画像2デジタルタコグラフ「矢崎エナジーシステム株式会社」の画像3富士通デジタコ「株式会社トランストロン」の画像4ロジこんぱす「株式会社システック」の画像5e-Tacho®(イータコ)「株式会社NPシステム開発」の画像
名前
OCTLINK(オクトリンク)「CENTLESS株式会社」
名前
デジタルタコグラフ「矢崎エナジーシステム株式会社」
名前
富士通デジタコ「株式会社トランストロン」
名前
ロジこんぱす「株式会社システック」
名前
e-Tacho®(イータコ)「株式会社NPシステム開発」
ポイント
安心・安全運転も実現!業界最安値レベルながら高品質なデジタコ
ポイント
運行管理にかかる負担を軽減!豊富な製品ラインナップを用意
ポイント
導入台数実績は20万台以上!多彩なオプション機能が実現するさらなる効率化
ポイント
各社に合わせたカスタマイズもOK!誰もが使いやすいデジタコを追求
ポイント
導入実績は5,000社以上!高性能のデジタコが叶える健やかな職場環境
公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
 

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

2024年4月から、自動車運転業務について時間外労働の上限規制が定められ、拘束時間や休息時間・連続運転時間などの基準も変更となります。 この記事では、2024年4月から変わるドライバーの労働
続きを読む
運送業界では、長時間労働が問題視されることがあります。ドライバーのな労働実態について、理解しておかなくてはいけません。この記事では、ドライバーの実態や運動業界の厳しい現状を改善する方法を紹介
続きを読む
デジタルタコグラフの導入には、多くの企業が興味をもっていますが、費用や導入の流れについて知識が必要です。記事では、デジタルタコグラフの導入費用について詳しく説明し、導入のステップやポイントに
続きを読む
デジタルタコグラフ関連コラム