トラックの運行管理を効率的に行いたい!デジタコの主な機能や活用方法

公開日:2022/09/15  

トラックの運行管理を効率的に行うためのデジタコをご存知でしょうか。デジタコは車内に搭載して運行データを記録するものです。この記事では、デジタコの概要や主な機能、デジタコの活用方法を詳しく紹介していきます。デジタコを導入するメリットとデメリットを考慮しながら、導入を検討してみてください。

そもそも「デジタコ」とは?

デジタコとは、デジタルタコグラフを略したものです。タコグラフは速度と時間、距離の3つを記録し、さらにドライバーの運転状況や労働状況を管理することが可能です。トラックの運行管理を効率的に行うという重要な役割を担っているのです。

もともとタコグラフはアナログ式のものでしたが、技術が進歩したことにより、デジタル式が普及するようになりました。業務終了後に運行記録として印刷し、そのまま日報とする企業もあるようです。

タコグラフは、国土交通省の指示により設置が義務づけられました。路線トラックや長距離バス、事業用トラック、法人タクシーなど設置が義務付けられる範囲が広がっています。

デジタコの主な機能

運行した時間や走行した距離を常に記録しています。運行速度に関しては、どんな変化があったのか記録することで、平均的な速度を記録します。

さらに急加速や急ブレーキが発生したのかどうかも確認することが可能なのです。もし事故が起きてしまった場合には、デジタコの記録を確認し検証しています。

事故の直前に変化があったのか、事故の危険があることに気が付いていたかなどが分かるのです。場合によっては、整備不良によりブレーキが効いていなかった可能性はないのか、確認することも可能です。

また、ドライバーの労働状況も記録できます。運行時間が労働基準法の範囲内であるのか確認できますので、労働環境に問題はないのか管理できるのです。

デジタコには種類があり、基本的な機能のみのものから、ドライブレコーダーと連携させて使用するものもあります。多くの機能が搭載されているタイプのデジタコならば、燃費の管理やアルコールチェック、アラーム通知などさまざまな機能が搭載されています。さまざまな機能を使いこなすことで、運行管理の効率化や業務の負担を軽減させることが期待できるでしょう。

デジタコの活用方法

デジタコ導入する目的として一番多いのは、ドライバーの業務を管理することでしょう。ドライバーは単独で行動することが多いので管理がしにくいものです。デジタコを導入することで、さまざまなデータが記録できるので運行管理がしやすくなります

さらに交通違反や危険運転なども把握できるのです。デジタコはドライバーの運転指導をするために利用する方法もあります。多機能なデジタコならば、急加速や急ブレーキをしたり、アイドリングを超過したりすると音で警告することも可能です。警告することでドライバーの安全運転に対する意識の向上につながるでしょう。

走行距離と給油した量をシステムに取り込むと燃費管理も行えるので、数値をもとに運転指導もできます。燃費管理をすることで、車両の性能が低下していないかどうかもチェックできるのです。

デジタコの購入を検討する際には、デジタコをどのように活用したいのか考えておくことが大切です。まず、自社での課題を踏まえながら、活用方法を明確にしておきましょう。

デジタコを導入するメリット・デメリット

デジタコを導入する前に、メリットとデメリットを理解しておくことが大切です。メリットとデメリットをもとに導入を検討してみてください。

メリット1 専門的な知識がなくても導入できる

デジタコは専門的な知識がなくても導入可能です。事前に解析ソフトを導入し構築しておけば、記録データは誰が見ても分かるようになっています。ドライバーに関しても、メモリーカードの挿入と取り出しをするだけなので、簡単に使用できます。

メリット2 業務の効率がよくなる

デジタコはデータが自動で記録されます。運行データはメモリーカードに記録されますので、簡単にパソコンへ情報を転送することが可能です。事務処理に必要な時間が短縮できるので、ドライバーの労働時間の短縮にもつながります。

デメリット1 機種によっては費用が高額になる

多くの機能が備わったデジタコは費用が高額になります。初期費用が用意できないと、デジタコの導入は難しいかもしれません。

デメリット2 データが破損するリスクがある

デジタコの記録は、保存する義務があります。データを保存したパソコンなどに不具合が起きてデータが破損してしまうと、保存義務違反となってしまうのです。データの保存には注意を払う必要があります。

まとめ

デジタコは、運行管理を効率よく行うために最適なシステムです。運行情報やドライバーの労働状況などさまざまな情報を記録することが可能です。ドライバーの安全運転に対する意識の向上にも期待できるでしょう。

しかし、保有しているすべての車両に導入するとなるとコストが高額になってしまいます。予算と機能を考慮しながら、自社に合ったデジタコを選ぶようにしましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

デジタコの装着が義務化されている車にデジタコを装着していない場合は、重い処分を受けなければいけません。記録義務違反に該当するため、一定期間の車両使用停止処分を受けます。デジタコに不備があった
続きを読む
デジタコとは、デジタルタコグラフを省略したものです。アナタコは、アナログタコメーターのことで、2つはデジタルかアナログかの違いがあります。そして、ともに運行記録計のことを指します。デジタルタ
続きを読む
タコドラ(株式会社あきば商会) 住所:〒120-0015 東京都足立区足立4-7-3 TEL:03-3880-0111 自動車部品と自動車用品を販売するプロフェッショナル集団が、あきば商会で
続きを読む