デジタルタコグラフの普及率はどのくらい?今後の流れについても解説!

公開日:2024/01/15  最終更新日:2023/11/27

普及率

デジタルタコグラフは、現代の運転業界において急速に普及しています。デジタルタコグラフの義務化にはさまざまな課題がありますが、義務化による利点もまた多岐にわたります。今後、デジタルタコグラフの進展がどのように業界に影響を与え、どのような新たな展望が待っているのか見ていきましょう。

デジタルタコグラフの普及率はどのくらい?

デジタルタコグラフとは、トラック、バス、タクシーなどの商用車両に装着され、運転時間を正確に記録する装置です。日本自動車輸送技術協会が2021年度に行った調査によると、デジタルタコグラフの普及率は、トラック事業所が87%、バス事業所が90.3%と、どちらも約90%に達していることが明らかになりました。

最も一般的な導入理由は事故を減少させるためです。デジタルタコグラフは、運転データを正確に記録し、安全運転の促進に貢献します。安全運転への意識向上と事故減少のために、多くの事業者が導入しているのです。

さらに、燃費の節約や運行データを業務処理に活用して業務の効率化を図るといった理由も多く挙げられています。デジタルタコグラフは、車両の運行データをリアルタイムで収集するため、管理者にとって貴重な情報源になります。

また、ドライバーの時間管理を適正化し、効率的なスケジュールを立てるのにも役立つため、導入が進んでいます。デジタルタコグラフの導入が広がったことにより、事業用トラックの安全運転管理が一段と推進されています。

デジタコで収集されたデータをもとに、安全運転指導を行うケースが増加し、事故の予防に寄与しているのです。調査によれば、デジタルタコグラフを活用した安全運転指導や研修に参加したドライバーの約9割が安全運転意識が向上したと答えています。

デジタルタコグラフは、安全運転と効率的な業務遂行を両立させるための強力なツールとなっており、普及率の高さが重要性を物語っています。今後もさらなる進化が期待され、自動車産業において不可欠な存在となっていくでしょう。

デジタルタコグラフは義務

デジタルタコグラフの導入は、日本の商用車両において道路運送車両法によって厳格に義務付けられています。道路運送車両法にもとづき、営業車両はデジタルタコグラフを装着しなければなりません。

国土交通省は、2014年に貨物自動車運送事業輸送安全規則を改正し、装着の義務を強化しました。改正以前は、主に車両総重量8トン以上または最大積載量5トン以上のトラックにデジタルタコグラフの装着が義務付けられていましたが、改正後は車両総重量7トン以上または最大積載量4トン以上の事業用トラックに範囲が拡大しました。

デジタルタコグラフ義務化の背後には、安全性向上と事故減少の意図があります。近年、中型トラックが長距離配送に使用されることが増加し、運行時間が増えると同時に交通事故の発生が増加傾向にありました。

事故の発生を抑制するため、日本は欧州の取り組みを参考に、デジタルタコグラフの装着義務を拡大したのです。デジタルタコグラフは、道路運送車両保安基準にもとづく運行記録計で、瞬間速度や走行距離を正確に記録できます。

また、デジタルタコグラフの記録は1年間保存しなければなりません。法令に適合しない場合、大型車は6,000円、普通車は4,000円の反則金が科されます。

また、デジタルタコグラフは装着だけでなく、適切に稼働させることも必要です。装着しているにもかかわらず故障していたり、必要なSDカードが挿入されていない場合、行政処分は受けませんが、運行記録計不備の違反行為となり、制裁金が科される可能性があります。

さらに、デジタコを未装着で運転することは記録義務違反とされ、30日間の車両使用停止処分が科されます。デジタルタコグラフは単なる法令順守の義務だけでなく、安全運転の推進と事故予防のための貴重なツールとしての役割も果たしています。

法令順守はもちろん、本質的な目的である安全と効率の向上に向けて、デジタルタコグラフの重要性はますます高まっています。

デジタルタコグラフの今後について

デジタルタコグラフは、今後も新たな進化が期待されています。国土交通省はスマートタコグラフ(仮称)と呼ばれる次世代型運行記録計の普及計画を進行中で、驚くほど多くの高機能な機能が組み込まれる予定です。

デジタコの機能に加えて、ドライブレコーダーとの連携、IC運転免許証の認証、遠隔地でのリアルタイム運行管理・支援、健康診断や適性診断のデータの一元管理などが挙げられます。新たに組み込まれる機能により、より効率的な運行管理やドライバーの健康状態のモニタリングが可能になるでしょう。

将来的には、センサーによるドライバーの体調変化の検知や警報、自動ブレーキの作動による事故回避など、より高度な安全性向上も期待されます。スマートタコグラフは、運転業界における未来の発展を切り開く革新的な技術として、ますます注目を集めています。

デジタルタコグラフの今後の進化が、安全で効率的な運行管理にどれだけ貢献できるか、期待が高まるでしょう。

まとめ

デジタルタコグラフは、運転業界で急速に普及しており、安全性向上と効率化に寄与しています。日本自動車輸送技術協会の調査によれば、トラックとバスの事業所での普及率は約90%に達し、事故減少と燃費節約など導入には多くの利点があるのです。

また、道路運送車両法による義務化も進行中で、装着の法令順守が強化されています。今後はスマートタコグラフ(仮称)の登場が期待されており、高度な機能拡張が予定されています。ドライバーの健康モニタリングや自動ブレーキなどの新たなサービスにより、より高度な安全運行管理が実現される見込みです。デジタコは、運転業界における未来の展望を切り開く鍵として、ますます注目を浴びています。

おすすめのデジタルタコグラフランキング

1OCTLINK(オクトリンク)「CENTLESS株式会社」の画像2デジタルタコグラフ「矢崎エナジーシステム株式会社」の画像3富士通デジタコ「株式会社トランストロン」の画像4ロジこんぱす「株式会社システック」の画像5e-Tacho®(イータコ)「株式会社NPシステム開発」の画像
名前
OCTLINK(オクトリンク)「CENTLESS株式会社」
名前
デジタルタコグラフ「矢崎エナジーシステム株式会社」
名前
富士通デジタコ「株式会社トランストロン」
名前
ロジこんぱす「株式会社システック」
名前
e-Tacho®(イータコ)「株式会社NPシステム開発」
ポイント
安心・安全運転も実現!業界最安値レベルながら高品質なデジタコ
ポイント
運行管理にかかる負担を軽減!豊富な製品ラインナップを用意
ポイント
導入台数実績は20万台以上!多彩なオプション機能が実現するさらなる効率化
ポイント
各社に合わせたカスタマイズもOK!誰もが使いやすいデジタコを追求
ポイント
導入実績は5,000社以上!高性能のデジタコが叶える健やかな職場環境
公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら公式サイトはこちら
 

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

デジタルタコグラフは、トラック、バス、タクシーなどの乗り物に装着された運転記録計で、運転時間、休憩時間、速度などを記録できる革命的なテクノロジーです。本記事では、デジタルタコグラフの必要性と
続きを読む
デジタルタコグラフは、現代の運転業界において急速に普及しています。デジタルタコグラフの義務化にはさまざまな課題がありますが、義務化による利点もまた多岐にわたります。今後、デジタルタコグラフの
続きを読む
トラックやタクシーなどの商用車に「デジタコ搭載車」「デジタコ搭載車のため、法定速度で運転中」といったステッカーが貼られているのを見たことがある方もいるでしょう。しかし「そもそもデジタコって何
続きを読む
デジタルタコグラフ関連コラム