デジタコって何か知ってる?アナタコとの違いと合わせてご紹介!

公開日:2022/11/15  最終更新日:2022/10/13

デジタコとは、デジタルタコグラフを省略したものです。アナタコは、アナログタコメーターのことで、2つはデジタルかアナログかの違いがあります。そして、ともに運行記録計のことを指します。デジタルタコメーターの装着は、国土交通省に指定されている事業用トラックに課されています。デジタルタコグラフについて見ていきましょう。

デジタコとは

デジタルタコグラフを省略したものです。

デジタルタコグラフのこと

運行記録計のことを指します。平成29年4月から国土交通省に指定されている事業用トラックに、デジタルタコグラフの装着が義務化されました。

デジタルタコグラフの役割

デジタルタコグラフは、事業用トラックの運行中のスピードなどの変化をグラフ化します。これにより事業用トラックの走行スピードを把握できます。経営者や管理者は、運転手の把握ができるうえ、運転手は体調管理や法律を遵守する意識の向上が図れます。また、運行管理面からも必要なものとなっています。

デジタルタコグラフの価格など

価格は高いです。ただそのぶん、使い勝手はよいのが特徴です。そのほかの特徴として、運転手の束縛性が高く、コストの削減性は低く、データの改ざんがほぼ不可能となっています。

アナタコとの違い

アナログの運行記録計を指します。

アナログタコメーターのこと

アナログかデジタルかの違いがありますが、デジタルタコグラフと同じ運行記録計のことを指します。運転手は、専用の丸型の用紙を運転前に装着します。運転後に専用の丸型の用紙を取り外します。すると、走行スピード、走行距離、走行時間などが用紙に記載されています。

アナログタコメーターのデメリット

運転手が、専用の丸型の用紙を運転前に装着して、運転後に取り外すのは、さほど難しくありませんが、丸型の記録用紙に記載されている走行スピード、走行距離、走行時間などを読み取る能力が求められていました。

専門的な知識を要することがあったので、記録をとったのはよいものの、どのように記録を活用すればよいのか分からない場面がありました。解析も手動であったため、時間と労力を要する点もデメリットでした。

アナログタコメーターの価格など

価格は安いです。ただそのぶん、使い勝手はよくありません。そのほかの特徴として、運転手の束縛性は低く、コストの削減性は高く、データの改ざんが可能となっています。

デジタコのメリット

メリットを4つ紹介します。

操作性に優れていて管理が容易

アナログタコメーターと比較して、操作性に優れていて管理が容易なのがメリットです。メモリーカードをデジタルタコメーターの機器に入れるだけなので、操作性に優れているといえるでしょう。また、経営者や管理者は、パソコンから運行管理データを閲覧できるので管理が容易です。用紙の紛失などのリスクもありません。

専門知識を必要としない

自動でデータが記録されるので、専門知識を必要としません。そのため、属人化することがないので、誰でも業務に携わることができます。

アナログタコメーターより多くの情報を記録できる

エンジンの回転数の変動、現在地の情報、急加速、急減速、ドアの開閉状況まで記録されます。また、運行データを活用して、ほか部署に共有することも可能なので、教育資料として活用できます。

労働時間を削減できる

アナログタコメーターでは、運転手は帰社後に運行記録を綴る作業をしなくてはいけませんでした。業務用トラックを運転するたびにそのような作業をしなくてはいけなかったので面倒でした。デジタルタコグラフでは、そのような手間がありません。煩わしい事務処理から解放されるので、労働時間の短縮につながります。

デジタコの注意点

3つの注意点を踏まえておきましょう。

価格が高い

デジタルタコグラフは安くても20万円程度の価格です。アナログタコメーターが7万円前後の価格だったことと比較すると、決して安いとはいえません。そのため、業務用トラックの保有台数が多ければ多いほど初期費用がかさむので、どれだけの数を導入するのかを充分に検討するようにしましょう。

運転手のストレスになる

運行管理データの操作性は優れていて管理が容易となりましたが、運転手のストレスとなることもあります。休憩時間を含めて管理されているような気がするので気が抜けない状況ともいえるでしょう。

データを破損してしまうかもしれない

紙媒体で保管しておくことも忘れないようにしましょう。データ管理は100%安全というわけではありません。データが破損してしまうと、これまでの運行管理データが閲覧できなくなってしまうかもしれません。最悪の場合は、コンプライアンス違反として社会的な信用を失う恐れがあります。

まとめ

デジタルタコグラフが導入されたことにより、アナログタコメーターと比較して管理が容易になりました。また、操作性にも優れています。そして、属人化していた業務から、誰でも可能な業務に変更となりました。これらはメリットとして挙げられますが、デジタルタコグラフの注意点もあります。

現在アナログタコメーターを使用している運送会社でも、将来的にはデジタルタコグラフを導入するでしょう。この際、デジタルタコグラフの注意点を踏まえて対策できているようにしたいものです。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

デジタコの装着が義務化されている車にデジタコを装着していない場合は、重い処分を受けなければいけません。記録義務違反に該当するため、一定期間の車両使用停止処分を受けます。デジタコに不備があった
続きを読む
デジタコとは、デジタルタコグラフを省略したものです。アナタコは、アナログタコメーターのことで、2つはデジタルかアナログかの違いがあります。そして、ともに運行記録計のことを指します。デジタルタ
続きを読む
タコドラ(株式会社あきば商会) 住所:〒120-0015 東京都足立区足立4-7-3 TEL:03-3880-0111 自動車部品と自動車用品を販売するプロフェッショナル集団が、あきば商会で
続きを読む